HPがPCチーフを中国へ移行させることに

会社のPCのヘッドと中国、協力と経路で会社の足跡を栽培することの焦点への印刷単位をトッド・ブラッドリーが退職すると、ヒューレット・パッカードは火曜日に言いました。

ブラッドリーの新しいタイトルは、戦略的な成長イニシアティブの副社長です。印刷とPCを混合して、2つの企業の間で相乗効果を見つけるとブラッドリーが思われた時から動きは面白いです。 進んでいるより遅い成長とビジネスが機動性に集中するために再発明しなければならないPCで、両方の製品ラインは疑問を呈されます。5月のHPの第2期結果では、個人のシステム・セールスは20パーセント下がっていました。そして、印刷は1年前から1パーセント落ちました。

具体的には、ブラッドリー(その人はCEOメグ・ウイットマンに報告します)には以下の仕事があります。
1.中国(最近の四半期のHPのための痛む発疹でした)を発達させてください。
2.成長をあおって、おそらく取得戦略によってシスコのような研究開発を続行すると「初期会社による協力機会」がわかってください。
3.チャンネル協力を進展させてください。

HPは最高のPC売り手であるが、ますますレノボによって世界的な正面について疑問を呈されます。ブラッドリー(その人は中国をよく知っています)は、その家庭の芝についてレノボに疑問を呈する必要があります。レノボには中国にサーバーと保管へも移動していて、EMCとの協力もあります。言い換えると、レノボとHPは将来より頭をぶつけます。

PCとプリンター単位に関しては、ディオン・ワイスラー、分割のアジア太平洋と日本ビジネスの上席副社長ブラッドリーのために引き継ぎます。ワイスラーは、ホイットマンに報告します。ワイスラー(その人は2012年1月からHPとともにいました)は、レノボの移動およびデジタルホーム・グループの最高経営執行者でした。レノボの前に、ワイスラーはAcerの役員でした。

ここの結合組織は明らかです。HPはアジアでより良い位置を必要とします。直接レノボと競争するために、役割で中国とワイスラーに集中するためにブラッドリーを動かすことによって、HPは将来動くために、一列に重役にふさわしいカモを少なくとも置いています。