ソフトバンクがスプリントに$21.6Bの申し込みを発表

スプリントの乗っ取りのソフトバンクとDishの間の戦いがますます熱気を帯びて、201億ドルから216億ドルまで申し込みを起こすとソフトバンクは発表しました。

改められた合併合意が株主により大きな価値(より大きな現金考慮と増加した確実性を含む)を与えると、ソフトバンクは月曜日に言いました。

新しい協定中で、ソフトバンクはさらに4ドルを届けると言いました。閉鎖(166億4000万ドルまでスプリント株主が利用できる完全な現金考慮を持ってきます)のスプリント株主への現金の50億。この申し込みはソフトバンクにもスプリントにおけるより高い利害関係を与えます-およそ70パーセントから78パーセントへ行きます。

「今日発表される改められた合意はよりupfrontな現金をスプリント株主に届けます。その一方で、米国市場に意味がある競争を持ってくるためによりよく置かれるよく出資されたスプリントをつくる我々のゴールをさらに達成します」と、ソフトバンク会長兼CEO孫正義は声明で述べていました。「ちょうど2、3週のその価値を認識するスプリント株主と機会に対して、我々の業務は有効数字を提供します。他のどの潜在的業務とも関連した危険なしで。」スプリントは、201億ドルの申し込みに関してこの10月からソフトバンクとともに交渉中でした。しかし、申込締切日が近づいたのでDishは255億ドルの意外な対案とともに入りました。2社は一般の論争を行いました。そして、それが困ったワイヤレス・キャリアのために最高の買い手であると各々が主張しました。

スプリント株主は水曜日にソフトバンク乗っ取りに関して投票する予定でした。しかし、修正された合併合意は6月18日の新しい最終期限を構築します。その「最高で最終的な」申し込みを提供するDishのための2013。