カイコが3Dをプリントしたドーム建設

動物は驚くべきことをすることができます。そして、彼らの性質と物性は若干の草分け的な技術者を奮起させました。しかし、我々がより多くをすることができたとしたら、どんな動物と作りますか?クモの糸は、たとえば抗張力を合金をつくられた鋼と類似しているようにします。

しかし、我々が頼る最も生産的な動物の遠い一つのそばにカイコはいます。それが生産する絹は、強くて、軽量です。柔らかくて、美しい。そして、おそらくそこで新しい方法で生きものを使う方法です。

デジタルで生物学的作り事の潜在的関係を調査するために、MITメディアLabのMediated Matter研究グループは、Silk Pavilion、人間のデザイナー、機械と地虫の間の協同である12フィートの直径ドームをつくりました。

ロボットアームは、3Dプリンター・ヘッドをそれに付けて初源的構造体をつくりました。 26枚の多角形のパネルから成って、一つの1つ(複数の資産糸)から全ての繭をつくるカイコの能力の影響を受ける連続絹糸のそれはつくられます。

一旦ドームの骨格が完全であるならば、研究者は6,500匹のカイコを足場の一番下の縁に置きました。そして、生糸天蓋で空のスペースを満たしました。カイコが彼ら自身を繭に入れたあと、彼らは構造から取り除かれました。

カイコが建設する道を研究することがより効率的な製作技術への道を開くことができるとチームは考えています。特に構造上の構造に関して。OxmanはDezeenに話しました。「印刷している伝統的な3Dにおいて、構台サイズは、明らかな制限を配置します。それは3本の軸によって定義されて一般的に支持資材の使用を必要とします。そして、より大きな目盛りで印刷して、構造で具体的な複雑さを達成したいデザイナーのためにその両方は制限します。一旦我々が頭をロボットアームに印刷している3Dを置くならば、 我々はほとんどすぐにこれらの限界を自由化します。」小さい磁石は、彼らが繭を建設したので彼らの行動を運動追うためにカイコの頭に置かれました。その情報が大規模な構造の作成のために3D印刷業者に与えられることができる方法を研究するのをこれは、次にチームが許しました。